経口薬による C型肝炎の治療


インターフェロンを使用しない C型肝炎の経口薬治療が可能です。
3ヶ月の内服で 現在90%台のウィルス排除率が得られています。

C型肝炎の持続感染により 肝硬変への移行や肝癌発生の危険が高まります。
ウィルスを排除する事でそれらを回避できます。

なお、C型肝炎ウィルスの遺伝子型検査による治療の適応判定が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です