手強い膵臓がん


沈黙の臓器といわれる膵臓に出来る膵臓がんは、最も治療の困難な消化器癌の一つです。黄疸や持続する上腹部痛(時に背中の痛みも伴う)などを自覚する時は、膵胆道系の精査をお勧めします。
また糖尿病で治療中の場合、短期間での糖尿病の悪化は膵臓がんによる事もあり、特に注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です